司法書士に依頼しよう|実績のある業者の見抜き方

法人の方が節税になる

男性

基本的に日本において収入があった場合には、税金が課税されます。一部例外として非課税とされています。事業を行っている場合には、個人事業であっても法人事業であってもその事業の利益に応じて税金を納付する必要があります。事業形態が個人であるか法人であるかはそれぞれメリットがありますが、一定の場合には個人事業で行うよりも法人として事業を行い法人税を納付する方が節税になるケ−スがあります。それはおおまかにいうと個人事業で充分に利益が出ている場合には法人を設立して法人税を納付をする方が節税になります。その理由としては、事業を主宰する事業主に対して給料を支払うことができるからです。個人事業で所得税を計算する場合には、利益がイコ−ルその事業主の所得となります。これに対して法人を設立した場合にはその法人から事業主に給料を支払うことができます。当然事業主に支払った給料は、法人の経費となります。したがって同じ利益だったとしても事業主に支払った給料分だけ利益は少なくなり、必然的に法人税は少なくなります。また給料を得た事業主は当然所得税を納付する必要がありますが、給料は所得税法において給与所得控除と呼ばれるみなし経費を差し引くことができるため個人事業よりも少ない所得で所得税を計算することができます。また法人税自体をいかに節税するかにおいても事業主に対する給料は非常に重要になります。それは事業主の給料を上げることによって法人の所得を抑えることでき、節税につながるからです。